So-net無料ブログ作成
検索選択

本田望結 ドラマ ドクターX [本田望結 ドラマ ドクターX]

とうとう本田望結ドクターXに登場しますね!

将来のオリンピック候補が女優としても一流だなんて、

神様は不公平というか・・・ただ感心するばかりというか・・・

命にかかわる病気で苦しむ役どころを、圧巻の演技力でこなしている。

大人には難しい駆け引きのない演技で見る人を惹きつける。




映画『コドモ警察』では神奈川県警・大黒署特殊捜査課のマイコ(30)を演じたことでも話題を呼んだが、

女性歌手JAMOSAのミュージックビデオではそのさらに上を行く50歳の園子役。



「ひだまりの詩」では園子が昔を思い出し、古時計の前で歌いながら涙を流すというシーンもある。




本田は「ちょっと緊張しました」と打ち明けた一方で、「50歳の役などいろいろと初めてだらけだったんですけど、

すごく楽しかったです」と語るなど大物ぶりを発揮している。



本田のこの泣きの演技には、JAMOSAも「涙シーンにはウルっときました。

『なぜ彼女は泣いているんだろう? 過去に何があったんだろう?』と




見ている人の想像力を働かせちゃう演技力の奥深さに感動しました」と感心しきり。

メガホンを取った藤田宏治監督は「現場は感動的な雰囲気に包まれ、

涙を流しているスタッフさえいました」と明かしている。


本田にとって、ドクターXに主演する女優・米倉涼子は所属事務所の大先輩であり、

憧れの存在。「夢の中かと思うくらい幸せ」と屈託のない笑顔を見せていた本田は、

撮影最終日、米倉に手紙を手渡し。「ラブレターですか?」というスタッフからの

問いかけに、「ハイ!」と少し照れくさそうに答えていた。

命の期限が迫っていることを薄々感じながらも、将来の夢を純真な瞳で

語れる少女を演じる本田は、「台本を読んだときは、ずっと泣いていました。

未知子先生が助けてくれるというくるみ(役名)の気持ちを考えていたら、

涙が自然に出てきました」。

共通テーマ:テレビ

u-20 ワラチャン 結果 ドラッパ [ワラチャン 結果 ドラッパ]

12月11日放送のU-20 お笑い日本一決定戦 ワラチャンをご覧になりましたか?

応募総数1278組の中から選ばれた精鋭8組による決勝戦!

優勝賞金200万円も懸かっていましたね。

視聴者が選んだ上位3組は「たかまつなな」「ドラッパ」「出口・入り口・堀ぐっちー」。

その3組から最優勝者が選び出されることになったわけなのですが、

それぞれの演技後の得票数は「たかまつなな」=60140票、「ドラッパ」=24007票、

出口・入り口・堀ぐっちー」=15182票と、圧倒的な得票数を得て

たかまつなな」が勝利に輝いたという結末でした。






たしかに「たかまつなな」には他者にない風格のようなものがありました。

しかし個人的な意見を言わせていただけるなら、私としては「ドラッパ」のほうが面白かったというか、

プロとしての素質を感じましたね~。 もちろんまだまだ原石なわけですが・・・

とりあえず次回に期待したいと思った次第です。



ここで「ドラッパ」の簡単なプロフィールを。

彼らは国際派コンビと呼ばれ、リロイ太郎(19)は父が日本人で

母がケニア人マサイ族というから、それだけでも異色で面白い。

さらに相方の伊藤颯さんは現役の慶応ボーイ。

ふたりとも性格が非常に良いそうだから、ますます応援したくなりますよね~



以上、ワラチャン情報でした。

共通テーマ:テレビ

たかまつなな 親 性別 男!? [たかまつなな 親 性別 男]

たかまつなな さんがワラチャンエンタの神様でますます注目されていますね。

でも性別にワケがあると検索されているようです

親 性別 男 フェリス 年齢、そこから分かることは?

基本情報はこうなっていました

たかまつなな ネタたかまつなな プロフィール

身長159cm。体重51kg。フェリス女学院中学校・高等学校卒業、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス在学中。

曽祖父は東京大学名誉教授で応用科学者の高松豊吉


8歳の時に父親の仕事の都合により、大阪府八尾市から横浜市へ移ったそうで、

小学生時代、広島で原爆ドームを見学したのがきっかけで平和に関心を持ったという。

10歳の時に野口健の自然教室に参加し、富士山での不法投棄の現場を目にして環境にも関心を持った。

中学1年生の時に読売新聞子供記者団に入り、子供記者として6年間活動した。

また、2011年から第14代高校生平和大使として国連大使も務めた。

お笑いの活動は中学生時代から始めた。



back.jpg


中学3年生の時に新宿区と吉本興業主催のお笑い大会『ちびっこ漫才グランプリ』でトリオで出場して決勝進出。

勝進出。同年、学内でお笑いカルテット『ぱんなこった』結成。

2011年、高校3年生の時にハイスクールマンザイ2011でコンビ

『崖っぷちのエイリアン』で準決勝進出。同年『笑顔甲子園』にはコンビ

『ぱいんぶりっじ』で出場し決勝進出、審査員特別賞を受賞。

『漫才台本甲子園』では2009年、2010年と2年連続で佳作を受賞

大学入試はAO入試一本に絞り[7]、合格した慶應義塾大学、

筑波大学、中央大学などでセンターマイクを持ち歩いてお笑いのネタを披露した

将来はお笑い芸人になると決めて

高校2年生頃までは大学進学を考えてはいなかったが、社会・科学・文化な

どの諸問題・話題などの物事を広く見たいと思い、大学進学を決めたという




ということで明らかになっているのは

曽祖父は東京大学名誉教授で応用科学者の高松豊吉

ということなんですね。



については詳しくは事務所でも公開していないようです


いずれはなにかのバラエティ番組であきらかにされるかもしれませんね



共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。