So-net無料ブログ作成

鎌田浩毅ブログ ソロモン諸島沖地震 [地震]

2月6日午前10時12分頃、ソロモン諸島沖でマグニチュード8の地震があった。
震源はインド・オーストラリアプレートが太平洋プレートの下に沈み込んでいる地帯。
対して東日本大震災では北米プレートの下に太平洋プレートが沈み込んでいる所に震源がある。
これらプレートの沈み込み地帯では周期的に巨大地震が起こっている。

地球科学者の鎌田浩毅氏は言っている 日本列島は今後も地震のリスクを抱え続けるが、東京から、また日本から離れるという短絡的な行動ではなく、日本列島で比較的安全に暮らすとするならどう行動すればいいか考える生き方を提案したいという。
リスクを受け入れながら、東京でもどこでも自分が住みたいところに住む。
いつ被災してもいいように準備をすること、また、地面が動いても動じない決心が要求されているという。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。