So-net無料ブログ作成
フジコ・ヘミング 下手 告白 ブログトップ

フジコ・ヘミング 下手 告白 [フジコ・ヘミング 下手 告白]

フジコ・ヘミング 下手 告白


フジコ・ヘミングはピアノが下手。


そんなことを言う人が時々いる。


あなたはどう思うだろうか。


フジコ自身がこんな告白をしている。


「わたしのピアノはテクニックで弾くというものではない。


音のひとつひとつに色をつけるように弾くのだ。


世の中にはいくらでも器用に、まるで機械のように正確に弾く


ピアニストがいるけど、私は違う。


完全なのは嫌い。人間のすることだから、間違ってもいいと思う。


ショパンやリストがここにいたら、彼らは私の演奏を聴いて


「そういう弾き方もいいね」って言ってくれるに違いない。


偉大な作曲家は偏狭な考え方はしない。


だいたい、楽譜だって後世の人たちが


結構書き換えたりしているんだから。


私は自分の弾くリストの「ラ・カンパネラ」がいちばん好き。


鳴り響く鐘の音を模した曲。


ぶっ壊れそうなピアノの演奏があっていいじゃない?


私は機械じゃないんだから、いつも同じような気持ちで


ピアノを弾くことなんてできない。小さなミスを問題にするより、


どういう音で私らしく弾くか、それが問題。


私だけの音を大事にして。


誰が弾いても同じなら、私が弾く意味なんかないじゃない。」


「報われなかったことや辛かったことに耐えた経験が、


音の響きや音色に表われ、プラスになっている。


そんなうれしい実感があった。」


フジコ・ヘミングは本当にピアノが下手なのだろうか。


フジコ・ヘミング 下手 告白













共通テーマ:テレビ
フジコ・ヘミング 下手 告白 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。