So-net無料ブログ作成
渡辺淳一 雲の階段 原作 ブログトップ

渡辺淳一 雲の階段 原作 [渡辺淳一 雲の階段 原作]

渡辺淳一 雲の階段 原作


「雲の階段」の原作者・渡辺淳一 79歳


昭和8年 北海道上砂川町の生まれ。


昭和29年 札幌医科大学医学部に入学。


その後、医学活動と並行して


同人誌に執筆を続け


昭和45年に小説「光と影」で


第63回直木賞を受賞した。


それからも「失楽園」や「鈍感力」といったベストセラーを


数多く世に送り出してきた。


医療をテーマにした社会派作品から恋愛小説まで


幅広いジャンルでヒット作を連発。


平成9年には「失楽園」が、平成19年には「鈍感力」が


流行語大賞を受賞したように


まさに作品で時代を作ってきた。


そんな渡辺淳一が「雲の階段」を書いたのは


「医者が持っていなければならないものは


資格や肩書きだけでなくヒューマニズム。


医者が治すのは病気ではなく病人そのものであるべき」


という思いを伝えたかったからだと言う。


渡辺淳一 雲の階段 原作

共通テーマ:テレビ
渡辺淳一 雲の階段 原作 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。