So-net無料ブログ作成
検索選択
怪物 福田和代 ネタバレ ブログトップ

怪物 福田和代 ネタバレ [怪物 福田和代 ネタバレ]

怪物 福田和代 ネタバレ 結末・ラスト情報です。

向井理主演ドラマ 「怪物」 がいよいよ始まった。原作は人気作家の福田和代さん。

今回の原作「怪物」も、ご多分に漏れず、衝撃の結末であった。
福田和代さんという作家は特にこうしたサスペンスを書かせたら、

意外さの点で右に出る者はいないだろう。



ミステリーもさることながら、冒険小説もまた抜群に面白いのだ。

彼女は神戸工業大学出身だから、「怪物」のような化学系の手法は得意中の得意である。


 




怪物のあらすじ出だし、ネタバレは〜



定年間近の刑事・香西の心残りは3か月前に時効を迎えた未解決の幼女誘拐殺人事件。



すでに主軸から外されている香西は、失踪者・橋爪の足取りを単独で捜査中、

訪れた最新鋭のゴミ処理施設で思いがけず“死”の匂いを嗅いでしまう。




その部屋の主は、すべてを溶かす水―亜臨界水の若き研究者・真崎。

彼の過去を知ったとき、香西は...。


しかし、その計画の途中、アクシデントで堂島を死なせてしまった香西は、別の事件

の容疑者である真崎(向井理)を訪ね、死体処理を暗に依頼する。

しかし、この真崎こそ、底知れぬ闇を持つ怪物だった。




堂島が、あっけなく死んでしまうところはまず意外なところですよね。


結末は後ほど追記しますが、

非常に衝撃的なものです。


怪物 福田和代 ネタバレでした



共通テーマ:テレビ
怪物 福田和代 ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。