So-net無料ブログ作成
名もなき毒 ドラマ 第2話 あらすじ ブログトップ

名もなき毒 ドラマ 第2話 あらすじ [名もなき毒 ドラマ 第2話 あらすじ]

名もなき毒 ドラマ 第2話 あらすじ


原作 宮部みゆき 「somebody」 「名もなき毒」 (文春文庫)



小泉孝太郎演じる主人公、杉村三郎は


今多物流を中心として多くの系列会社を持つ


今多コンツェルンの会長(平幹二郎)の


愛人の子、菜穂子と結婚した。


結婚を許す条件が、今多コンツェルンの


系列会社の広報室に務めるということだった。




ある日、会長の20年来の運転手である梶田信夫(平田満)が


突進してきた自転車にはねられた。


梶田の長女の聡美は、父は殺された、と感じる。


それには根拠があった。




28年前、4才の時に聡美は


父親を恨んでいる何者かに


よって誘拐されたことがあったからだ。


犯人は女だった。その女の家らしき


場所のトイレの中に閉じ込められて


怖い思いをし、二日後に母親に助け出された。




父は死ぬ少し前 「ちゃんとして


おかなきゃな、お前が嫁ぐ前に」


とつぶやいていた。


父は何かをきちんとしようとしたために


殺されたのか。


梶田の次女の梨子は、


父の一生を綴った本を書きたいと


言い出した。


犯人にたどり着くためだった。


三郎は妻の父に、その本を出版してやって欲しいと頼まれ


取材を開始する。


事件のカギは長女が幼い頃、梶田夫婦が務めていた


「トモノ玩具」が握っているようだ。


誘拐犯は聡美の父、梶田信夫の


愛人だったのだろうか。




姉の聡美は「妹の梨子が知らない


父のもう一つの顔がある」と


三郎(小泉孝太郎)に告げた。




知らない誰かに毒を盛られるような


理不尽な死というものが、この世にはあるのだ。




第3話では、犯人からの接触があり


犯人が暴かれてゆく。


身内や近しい人間がいつも味方とは限らない。


最大の敵となることだってあるのだ。


結末は残酷なものとなるかも知れない。




[かわいい]<キャスト>

小泉孝太郎(杉村三郎)

平幹二郎(今多コンツェルン会長)

深田恭子(梶田聡美)

国仲涼子(杉村菜穂子)

南沢奈央(梶田梨子)

高橋光臣(浜田利和)

平田満(梶田信夫)



[るんるん]<主題歌>

「あい」  近藤晃夫(デフスターレコーズ)





名もなき毒 ドラマ 第2話 あらすじ





















共通テーマ:テレビ
名もなき毒 ドラマ 第2話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。