So-net無料ブログ作成
半沢直樹 あらすじ 3話 ブログトップ

半沢直樹 あらすじ 3話 [半沢直樹 あらすじ 3話]

半沢直樹 あらすじ 3話

久々に見ごたえのあるドラマですよね。

第3話ではますます半沢(堺雅人)が窮地に立たされてゆきます。

半沢は「裁量臨店」と呼ばれる本店による行内検査が2日後に行われると知り慌てる。

本来なら1週間前に通知されるはずだが、半沢を陥れたい浅野(石丸幹二)の意向で

知らされていなかったのだ。



「見ていて痛快」という投書が多かったという。

初回の、無担保融資の相手企業が倒産し、半沢が本店で

責任を追求される場面では

同期の友人(及川光博)は「はい、申し訳ありません、と言って、

やり過ごすのが利口だ。」と忠告するが、

半沢は逆に「責任を取れない本部審査部になんの意味がある!

やめてしまえ!」と上層部に刃向かう。



ネットには「かっこいい」「まねしたい」などの感想が書き込まれた。

服部隆之さんによる音楽も、このシーンを大いに盛り上げた。



これからの展開が楽しみ[揺れるハート]

「半沢直樹」から目が離せない[目]

共通テーマ:テレビ
半沢直樹 あらすじ 3話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。