So-net無料ブログ作成
検索選択
小泉孝太郎主演ドラマ 名もなき毒 ブログトップ

小泉孝太郎 ドラマ 2013 名もなき毒 [小泉孝太郎主演ドラマ 名もなき毒]

小泉孝太郎主演のドラマ「名もなき毒」は前半のクライマックスを迎えた。

私立探偵の役どころだがタフでもクールでもない。

家族思いでお人好しの「いい人」の設定は小泉孝太郎にピッタリだと思う。

「そうですか? うれしいけど照れくさいな。僕だって毒がありますよ。

空気も読まず、酒癖の悪い人に説教しちゃうとか。」

こう語る彼は、やっぱりいい人だ。



ドラマの中ではグループ企業の広報室に勤めるサラリーマン杉村三郎を演じる。

人の心に潜む「」の正体に迫ってゆく。

義父で今多コンツェルン会長の嘉親(平幹二朗)から

菜穂子(国仲涼子)との結婚を許す代わりに

社内報の編集を命じられても黙って受け入れた。

「出世が望めない閑職ですよ。それでも家族のために一生懸命務める。

一人の男として、この強さは並大抵じゃない。」と小泉は語る。

会長の婿ゆえに同僚から腫れ物のように扱われる居心地の悪さは、

身に覚えがある。「僕も、一歩外に出ればどこでも

誰といても小泉純一郎という存在を強烈に感じていましたから。」

いつ頃からか、一生続くのだと腹をくくったと笑う。

何があっても素直な気持ちを曲げずに生きていこう、と思い定めたと言う。

「父の力を借りずに何ができるか。青春時代はずっと、〝自分"を確立

することに費やしましたね。」 問いの先に俳優の道が見えた。



デビューから12年が経った。着々とキャリアを積み上げている。

「少しずつですが、僕個人を見てくれる人が増えてきたのかな、と

感じています。 一生かけてこの仕事をものにしたい。」と語った

爽やかな笑顔のうらに、覚悟を決めた男の強さがのぞいた。

心から応援したくなる、得なキャラの持ち主だ。


小泉孝太郎主演ドラマ 名もなき毒オススメです。
  

共通テーマ:テレビ
小泉孝太郎主演ドラマ 名もなき毒 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。